TRACKBACK : -  *  COMMENT : -  *  Edit  *  --/--/-- - -- -  --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : スポンサー広告
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 0  *  Edit  *  2014/05/22 - Thu -  21:16
つどい
20140522_175250.jpg

今日は、支部の方のお家でつどいが開かれ、参加してきました。

参加した方が、戦争を体験した方が多く、集団的自衛権の話から、戦時中のことを話してくれました。
「戦争の爆音が今も耳に残っている。名古屋城が真っ赤に焼けている横を走って逃げたことを覚えているよ」「小さいころで記憶は薄いけど、豊橋空襲で逃げていたときの光景は思い出す。日本兵器の工場に集中的に攻撃を受けていたんだよ」

「家は焼けなかったけど、道を挟んだ向かい側の家から火が上がっていて、その熱で家の窓ガラスがどろどろに溶けた」「浜松は、軍事工場があって毎日空襲だった。田舎の方に逃げるにも乗り物がないから、下駄を持って裸足で走った」

「今経験を話せる人が減ってきている。私はもう歳だから、何もできないと思っていたけど、戦争する国作りになろうとしている今、若い世代の人たちに戦争の悲惨さを伝えていきたい」「非正規を増やして、自衛隊に入れようと企んでいるのでは?」

衝撃的な話ばかりでした。いかに、戦争が悲惨か、何年経っても消せない記憶となってしまう怖さを知りました。

新聞赤旗に載っていましたが、「やさしい兄が、戦争から帰ってきたら、性格が一変して怖くなった」と、人の人格まで変えてしまう戦争、安部首相はこの悲惨な戦争をまた繰り返そうとしている。私たちは二度とそんなことが起こらないように、これからも平和な国でいられるように憲法9条を守っていきたい、殺されたり・殺したりしない日本でありたいとおもいました。平和学習会のような会でした。 

今日聞いた話を、今度は青年たち一緒にベテラン世と代交流しながら、体験した話を聞いて、平和学習をしたいです。そして、8月につなげていって、広島に行きたいです。
ーーーーー
その話をした後の帰り道、訓練を終えて帰る自衛隊の車3~4台と遭遇。見た目は、まるで、軍隊の様で・・・。迷彩服来た人たちがたくさん。
自衛隊の方達を見ながら串田さんと「戦場に行くと思って入った人ってあんまりいないんじゃないかなぁ」「集団的自衛権、動揺してるんじゃないかなぁ」と話しながら、帰りました。
スポンサーサイト






管理者にだけ表示を許可する  
CATEGORY : 未分類
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
プロフィール

しもおく奈歩

Author:しもおく奈歩
1987年生まれ27歳 うさぎ年 
コブクロ大好き!その影響で、ギター始めました。合唱団所属♪時々そこで、ギター伴奏してます。

今年は「挑戦」の年、がんばります。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
訪問アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。